読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

日商簿記3級を受けた件

勉強

第138回日商簿記検定試験3級受験してきました。会社の昇格用件の最後の一つです。これに受かれば2年後に年収+120万円!

一ヶ月前くらいから教科書を読み始め、先週先々週と勉強付けの毎日でした。遥か前に中小企業診断士の勉強をしていたので、会計の知識はある程度あるつもりだったのですが、簿記はまた全く別もので、かなり手こずりました。簿記って奴はとにかくダラダラ長い、いまどき手書きの数字を計算機で合計する仕事なんてあるのかしら。

”簿記3級”と言うと”ラクショー”の代名詞みたいになっていますが、実際は合格率25〜35%くらいの、そこそこ難しい試験なのです。でも、合格したところで世間手には”ふーん、あっそ”レベルですよね。

そして、私が受けた第138回は第5問に精算表でなく財務諸表を完成させる問題が出ました。5回分ある過去問集に一回も出ていなかったのに自分が受けた時に限って例外的な設問とは、私も含めて今回の受験者は運が悪い。でも自己採点したところ、7割強くらいはいけたような気がするので、たぶん大丈夫です。

これで、またweb制作に時間を割けます。 でも、相変わらず仕事は忙しめです。