「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

大橋トリオ コンサートツアー RとL

大橋トリオ、コンサートツアー RとLの初日公演に行ってきた。 大阪のなんばHATCH 6時開場、7時開演、会場は、早いもんガチの立ち見のみで、7時直前に行ったから、かなり後ろの方になってしまった。 お客さんは30前後のお洒落な女性が多い感じ。リュック背負って、街を自転車で回る、みたいな雰囲気。 曲目は トリドリ ユニコーン ゼロ Tea For Two COLD LETTER HONEY アネモネが鳴いた モンスター ホルトノキ Be there A BIRD LOVELY アンコール BING BANG わすれない くらいだったかな。抜けているモノもありそう。RとLのアルバムが中心。 大橋トリオの声の調子が悪かったみたいだけど、それでも囁くような綺麗な声は響いていた。 シャウトに近い箇所は声がひっくり返ったりしていたけど、十分、聴きごたえがあった。 やっぱり、小規模のライブハウスは音質が良い!聴きやすい。アリーナとかドームは、ちょっと・・・。 あんまり人気になり過ぎると今までもみたいに、小さいホールで身近に感じられなくなってしまうから、出来ればこれくらいの認知度で長くやってほしい、という我儘なファン心。 いつもMCはメンバーをいじるような感じだけど、今回も炸裂。どうやらバンドメンバーは大橋トリオの後輩みたいだ。だから、大橋さんについていきます!っていうメンバーなんだろう。 あれだけの作曲センスと演奏スキルと歌声があれば、誰だって心酔してしまうよなー。 ゼロを聞いている時は、あまりに綺麗なハモリで鳥肌がたった。 BING BANGはどんな沈んだ心でもリスナーをファンタジーの世界に引き込むほどの力をもった曲だ。 わすれないの弾き語りは・・・・言葉では説明できない! やっぱり大橋トリオは良いなぁ!! またカバーアルバムを出すらしい、期待大!