読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

plugged/大橋トリオ

おしゃれ音楽の魔術師、大橋トリオの最新アルバム。アコースティックな音を好んで使っていた大橋トリオですが、今回のアルバムではアンプを繋げてシャカシャカ、音を奏でてくれます。爆音をまき散らす、という感じではなく、歪んだ音と鋭い音をうまく取り入れた曲が印象的です。

1、マチルダ 今まで、ありそうでなかった大人な大橋ロック!リズムを刻むベース音がカッコいい。大胆な構成の中にも、繊細な響きが潜んでいる曲です。

2、Aliens On Earth ポップなロック。マチルダほど骨太ではない軽めのロックチューンです。CMにも使われていますね。

3、Seven Days お洒落すぎる大人ロック。刻まれる単調なギターと包み込む重低音のシンセサイザーが、独特の空間を作り上げています。一回聴いたら頭から離れません。

4、サクラ ピアノを中心とした春の曲。風に舞い散る桜と去っていく大切な人、という情景が目の前に浮かびます。サビは眼が眩むほど美しい。最後の伴奏は雑多な中にも統一感があり、隙間から見える美しい叫びは、まさにメロディの桜吹雪。名曲です。

5、ガラクタマシーン ポップなロック。古臭いロボットみたいな可愛さがメロディの中にも表現されていて、どの音に集中して聴くかでころころ表情を変える曲です。

6、My Shooting Star 天才です。こんなにカッコいいメロディがあったとは…。とにかく聴いて頂きたい。休符の取り方と、詩の当て方が絶妙。歌詞の世界観、メロディ、編曲、全てが恐ろしいほど調和されています。流星群の中を遊泳しているような夢心地を運んでくれる曲です。もう芸術ですね。

7、存在 そろそろ欲しい大橋バラード。優しいピアノとサビの広がりは、夏の夜空を彷彿とさせます。

8、CLAMCHOWDER(plugged) ここで名曲、クラムチャウダーのセルフカバー。文字通りロックチューンになっており、のんびりお散歩に似合う曲から初夏のドライブに似合う曲に、少しだけギアチェンジしてあります。この曲を選んだのは大橋さん自信のお気に入りだったからでしょうか。

9、サヨナラの雨 バラード2曲目。ここで胸が張り裂けそうなほど美しいメロディを持ってきます。悲しいメロディに悲しい歌詞を乗せるとしつこくなりがちなんですけど、そんなもの吹き飛ばすほど美しいです。

10、僕らのこの声が君に届くかい 前回のオリジナルアルバム『L』『R』で、大橋トリオの代名詞ともなりえるほどの破壊力を持った『Bing Bang』が出て、この路線は暫く封印かと思いましたが、あっさり出てきました。しかも、勝るとも劣らないクオリティで!楽しくて、可愛くて、ウキウキしてしまうミュージック、これこそセンスの塊、大橋トリオにしか出来ないものだと思います。間奏はpluggedらしくかっちょいいギターソロ、でも最後はやっぱりおもちゃ箱をひっくり返した様なピアノが世界観をまるく仕上げてくれます。