読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

White/大橋トリオ

相変わらずの素晴らしい安定感。センスの塊、大橋トリオといろんなアーティストとコラボした名盤です。一部、NEWOLDにも収録されている曲もあるので、新しい曲は9曲です。

1、東京ピエロ 平井堅との曲。柔らかい声質が似ていて、もの凄く相性が良いです。おもちゃ箱をひっくり返した様な雰囲気と、大人っぽい色気が融合した、絶妙なバランスを体現した曲。

2、Turn our world around また想像の斜め上の曲を完璧な完成度で出してきました…。変則なリズムの中でもかっちり決めるサビと、リズムの世界観ぴったりの歌詞。素晴らしい。これはライブでぜひ聴きたいですね。

4、Natural Girl これぞ大橋トリオの真骨頂!飛び跳ねるリズムと沈み込むメロディの二律背反が起こす化学反応!ラストの転調を繰り返すサビは鳥肌が立ちます。

5、窓 さすが矢野顕子!と思います。声の存在感と表現力が恐ろしいほどです。懐かしい童謡を読んでるみたい。

6、日曜の夜に鳴く鶏 謎のタイトルですが、曲は凄く綺麗。Aメロの川を流れる様な心地よいメロディをそのままBメロのアクセントとサビの力強さに誘導する作曲センスには脱帽。

7、She is a Rainbow ”Carnival”みたいなおしゃれでかわいい曲です。BEAMS WOMENのキャンペーンソングになったくらいだから、おしゃれ中のおしゃれですね。

10、顔 このアルバムで一番好きかもしれない。静かなピアノの連打から始まるイントロと、気怠くゆったりとしたAメロ。何かが壊れるようなBメロ。突然、ドラマが始まるサビ。すごくシンプルなメロディのはずだけど、独特の歌詞と声で、独創的な世界観を作り上げています。

12、フラワー JTBのCM曲にもなってました。ウクレレの軽やかな雰囲気と駆け抜けるようなリズムが旅行にピッタリ。

5月25日に服部緑地でライブです!