読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ウラシマノウタ/PhilHarmoUniQue

音楽

2010年に惜しくも解散してしまったバンド『PhilHarmoUniQue』のファーストフルアルバムにして、ラストアルバムです。このアルバムを聴いた時の衝撃は、最初にミスチルを聴いた時のそれと同じでした。

プロデューサーがミスチルと同じ小林武史なので、イントロとかピアノの入れ方なんか似ていたせいかもしれませんが、それだけではありません。

まず、このボーカル。素晴らしい声です。クセがかなり強いですが、伸びやかに響きます、裏声も切なく使い分けます。

そして、メロディ!一発で耳に馴染むのに、飽きがこないのです。一発で耳をキャッチするには、ありふれたメロディを使えば良い、独特なものにしたければ誰もやらなかったコードを繋いでしまえば良い。でもこのバンドは、もの凄くスタンダードなコード進行ばかりで、独特でいて懐かしいメロディを作り上げました。

どの曲がどうとか説明不要なくらい、全部名曲です。強いて挙げると、NTTのCMに使われた「優しい響き」、イキガミの主題歌「みちしるべ」、とにかく聴いてほしい「ランドスケープ」。

音楽史に残る名盤である、最初に聴いた時、私は涙を流しながら、そう確信しました。ミスチルに継ぐモンスターバンドがついに現れたのだと歓喜したのです。 それなのに、すぐ解散してしまった。。。なんたる損失だろう、すごく悲しい。ボーカルの五郎川さんだけでも活動を再開してくれないかなぁ。この人の声が聴きたい、新曲が聴きたいと思っている人は、世の中に沢山いると思うんだけど。

人生で最も感動した音楽のある場面を10個、挙げろと言われたら(誰に言われるんだ)

トルコのカッパドキアで気球から地平を見渡しながら聴いた、PhilHarmoUniQUeの『ランドスケープ

が間違いなく挙ってくるでしょう。 いま、もの凄く辛い境遇で頑張っている人。出口が見えかかってるのに進まず、もがいている人、ぜひこの曲を聴いて欲しいです。