「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ヴィレッジ

ヴィレッジ [DVD]/ホアキン・フェニックス,エイドリアン・ブロディ
¥3,990
Amazon.co.jp

小さくつつましい村社会を生きる人々。 森には「語ってはならぬもの」がおり、お互い干渉し合わないことを約束している。 森を通らねば街にはいけないため、人々は村で生きる他ない。村で仕事をし、村で伴侶を見つけ、村で子供を育てる。 そんな彼らの平穏な生活に異変が訪れる・・・語ってはならぬものが村に侵入してきたのだ・・・ と、まぁこんな感じの設定。 可愛らしい建物や、服装や振る舞い。 主人公の女性の眼力が半端ない。 映像の色彩が綺麗。 閉塞された村社会の不便さ、息苦しさも、伝わってくるが、この世界の裏設定が明かされると、文明社会の汚らしさも際立ってくる様だ。赤を禁忌の色としたのは血を連想させるからかなぁ。 長さも100分くらいで、ちょうどいい。飽きがこない、無駄のない、演出。 良い映画でした。