「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ロッキー3

ロッキー3 [Blu-ray]/シルベスター・スタローン,タリア・シャイア,バート・ヤング
¥2,500
Amazon.co.jp

週1のドラマで感覚でロッキー観賞。 2は名作だったけど、3はどうか・・・。 舞台はロッキーが世界ヘビー級チャンピオンになった後、10回の防衛戦を勝ち抜き、不動のスターの地位をモノにしたロッキー。1,2の時の様なトロンとしたのろまな男という印象が消え、精悍で俊敏そうな顔立ちに。CMも卒なくこなし、体も無駄な脂肪が取れて、大げさなほど筋肉が肥大している。 そろそろ引退を考えていたロッキーに、恐ろしい挑戦者が現れる・・・。 戦友のミッキーを亡くしたショックのまま戦いに挑んだロッキーは2ラウンドKOで惨敗。 失意のどん底のロッキーに手を差し伸べたのはかつての死闘相手、アポロだった! 練習の過程で、自分の心に何度も負けそうになるロッキーを励ますのはいつもエイドリアンだ。 さぁ、最後の試合シーンはいつも激烈を過ぎる。今回も凄まじい。ロッキー特有のタフさとアポロ直伝のテクニック・・・ボクシングのレベルが回を重ねるごとに上がっていて、いつも夢中になってしまう。 ロッキーつええええぇぇぇぇぇ、かっこいいいいいいいいいいいいいいいいい。 最高だわ、ロッキー。