「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙 [Blu-ray]/ジョディ・フォスター,アンソニー・ホプキンス,スコット・グレン
¥2,500
Amazon.co.jp

歴史的名作だし、サイコスリラーの古典ともいえる作品だけど今まで観ていなかった。 いやぁ、ご多分にもれず凄い作品だった。 最初から最後まで緊張感が途切れない。 凶悪犯罪者のレクター博士に視聴者が惹かれてしまうのは何故だろう。 内田樹先生の言うとおり、人食という形で、人間たちの食肉行為全てを清算してくれているからなのだろうか。 クラリスの原体験である「子羊たちの悲鳴」を止められるのは、彼らに制裁をくわえるレクター博士だけなのだろうか。 深すぎるテーマをさらっと表現してしまう、原作者の力に脱帽。