「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

東京島

東京島 [DVD]/木村多江,福士誠治,柄本佑
¥3,990
Amazon.co.jp

無人島に流された男たちの中で女が一人、どうなる・・・?

ていう構想から生まれた話なんだろうと思う。

この設定は面白いな、男たちは女を祀り上げて大切に扱うだろうな、っていうところは凡人でも思いつく。

そこからどう発展させるかが作家の腕の見せ所。

最初、女は体躯のがっちりした強い男の傍について、楽園のような生活を享受する。

でも、彼の独裁はすぐに滅んで、文化人たちの統治が始まる。

だんだん、男たちは女以外へ興味を向けていき、自分たちの宗教みたいなものさえ作ってしまう。

くだらない女に飽き飽きしてきて、甘えっぱなしだった女は居場所を失う。

この辺の発想は面白い。

それでも、女は女の最大の武器を駆使して生き残ろうとする。

いろんな男たちを通り過ぎては裏切って、強かに生き抜く女の話。

男目線で観ると、なんだこの女・・・・頭おかしいな、って思う。

もう木村多恵は美しいと思えないほど、この映画の中では醜く映る。

女であること以外、何の魅力もない女。

女目線で観ると、男たちってなんて自分勝手なの!って思うらしい。

くじ引きで結婚させたり、飽きたらポイだし。

すっごく不快な気分になるみたい。

観る人によって感じ方が全然違う映画みたい。

まぁでも、最後の方の展開はすんごいテキトー。

もうどうでもいいやって感じで作ったのがすごく伝わってくる。

んー、普通に観なくていい映画だったや。