「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

悪人

深津絵里が賞を受賞して話題になっているのでさっそく映画館へ。

出演者の演技が凄い!

妻夫木くんの低階級の馬鹿な男・・・

満島ひかりの軽くてプライドの高い女・・・

柄本明の頑固おやじ・・・

キキキリンの哀愁を帯びた表情・・・

イケメンくんの調子乗りっぷり・・・

どれをとっても目を見張るものがあったが・・・

深津絵里だけは、いつもの深津絵里だった気がする。気を使って明るくふるまおうとする優しい大人の女性。

でも、あの役は深津絵里にしかできない気もする。

翳がないといけない。孤独の匂いがしないといけないから。

話としては最初にほとんど完結していた、それをめぐる人々の表情とかセリフとか、そういったところから「悪人」とは何だろうかという問いを視聴者のうちから湧きおこるようにさせている。

観た後は一緒に観た人と色々話したくなる。

あの人の対応はどうだとか、あれは悪いけど、これは悪いともいえない、とか。

主人公二人の愛がなぜそんなに深まったのか、そこが軽く流されているので観ている方はおいてけぼりになる感じを受ける、っていうのが一番ひっかかったところかなぁ。

記憶には残らないし、言うほど面白くもないけど、人とこれだけ話したくなる映画なのだから良作なのだろうなぁ。

まぁ旬だから、観といた方が良いよね。