「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

第9地区

第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)/シャールト・コプリー,デヴィッド・ジェームズ,ジェイソン・コープ
¥3,980
Amazon.co.jp

一部で大絶賛されていた『第9地区』を観た。

設定が斬新!

おお!こんな感じでエイリアンを扱った映画はなかったな、と最初はテンションが上がったけど。

着地点がヒドイ。

あ、そっち向かっちゃうんだ・・・って。

人間一人の命を生体実験によって奪う倫理的な問題提起の部分から一気にちんけな人間とエイリアンの友情物語にすり替えられていた。

その間、人間たちはゴミみたいにグチャグチャに殺されまくるし。

ドキュメンタリー調に仕立てた意図も掴めなかった。ドキュメンタリーだから最後は「いいやつだった」と締めくくられるのも腑に落ちない。

SFとしてはBAD。エイリアンというよりトランスフォーマー系なんじゃないかな。ロボットが大暴れするのが好きなら楽しいかも。

グロ映画としてはなかなかGOOD。良い感じにグロイ。

最近、面白そうだなと手に取った映画は必ずR指定でグロいシーンがある。

頭がおかしいのか、俺は・・・。