「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ハルフウェイ

ハルフウェイ [DVD]/北乃きい,岡田将生,溝端淳平
¥4,935
Amazon.co.jp

北乃きいちゃんの映画2作目。

ふわあっとした高校生の日常、何のとりえもない女の子が恋をして、ちょっぴり大人になる話。

ハーフウェイをハルフウェイと読んでしまう。そんなぼんやりした空気感が終始漂う。

会話も本当に電車内で話している高校生同士の会話そのもの。

内容がない。

どうでもいいことで喜んだり悲しんだり。

そんな雰囲気を楽しむ映画。

日常的な空気感をただ楽しむ映画っていっぱいあるけど、これはそれの最たるものだと思う。

本当にどうでもいい空気が漂っている。

見どころは北乃きいちゃんの「わがままな女の子」ぶりとSalyuのエンディング曲かな。

幸福な食卓』といい、北乃きいちゃんの映画の裏には小林武史の存在がかなり大きい。

そういう文脈で『BANDAGE』につながっていくわけだ。

この映画の評価は・・・△。

面白くはない。

でも空気感を楽しめる人には良い。

僕にはそんなになじめなかった。