読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

小野寺の弟・小野寺の姉

onodera

小さい時に両親を失くし、支え合いながら一緒に暮らす姉弟のお話です。 向井理扮する小野寺の弟は失恋から立ち直れない冴えない調香師33歳、片桐はいりは見た目通り個性的でモテない姉40歳。

客観的には負け組だけど、もの凄く仲の良い姉弟がお互いを思いやりながら、人生を一歩進めていこうというストーリーです。

山本美月麻生久美子がもの凄く可愛くて、一緒に恋愛をした気分になれる点はファンとしては非常に満足。物語の根幹である絵本のくだりもほっこり優しい気持ちになれました。クリスマスには丁度良い映画かと思います。

ただ、一つ思うのは、強烈な個性の役を強烈な存在感を放つ片桐はいりにやらせるのは危険だ、ということです。何も主張しない役、例えば死体役でも、もの凄い存在感を放つ片桐はいり。そんな彼女が強烈に主張する姉を演じるのは、ちょっとうるさ過ぎる気がしました。マイナーコードの曲に失恋の歌詞を乗っける様な、マシュマロをチョコフォンデュにつける様な、そんなしつこさがつきまとっていた気がしました。

こういう役が出来る日本のコメディエンヌは、深津絵里松たか子小林聡美、といったところでしょうか。ほっこり系の映画は主人公に幸せになってほしいと思うのは私の悪いクセですね。