「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

お盆休みのこと

先週、8月11日から19日までの9日間は夏休みでした。 給与明細を貰うたびに、薄給でうんざりするのですが、周りの社会人がみんな働いている中で9連休ありましたので、給料安いのも仕方ないなと思いました。 いろいろ夏っぽいことをしようと計画していたのですが、事件は水曜日に置きました。 前の土曜日にアパートから寮へ引っ越ししたので、9日間必要な衣類や本、旅行グッズなどはバッグにいれて、車の中に置いておりました。 水曜日の朝、でかけようと車を見てみると、後ろの席がガラスの破片だらけなのです。 そう、運転席側の後ろのガラスが割られていました。 いきなりのことで何が起きたのか分かりませんでした。 とりあえず、警察に電話し、被害を報告しました。 最初は、まっさきに駐車場料金を払いやすくするために入れていた小銭入れを思い出しました。 5千円札も入っており、被害額はおよそ8000円くらいだと思います。 次にアイポッドがないのに気付きました。最も使いやすい前の世代のやつです。 もう手に入らないと思い、暗澹たる気持ちになりました。 まぁ、8000円とアイポッドだけなら、まだマシかと自分に言い聞かせながら、警察に事情を説明していると徐々に自分の置かれている状況を思い出してきました。 普段の車ならそれくらいしか入っていないけど、今は連休中で、旅行カバンも入っていたのです。 5万円したオロビアンコのカバンがない・・・・。 そこに入っていた先月買った電子辞書・・・。 3冊の本と4冊の雑誌・・・。(だから読んだけど手元にない本があるのです) 極めつけはSONYの一眼デジカメ・・・・。 被害額は17万くらいでしょうか。 目の前が真っ暗になりました。 お金は働けば戻ってきますが、思い出がつまった品は取り返しがつかないのです。 こんなに大事なモノを車の中に残しておいた自分の杜撰さを呪いました。 田舎で車を持つ生活を始めたので、まったく車に対して警戒心がありませんでした。今までも会社のパソコンとか、何日も起きっぱなしにしていたこともあったのです。いつかは被害にあっていたことでしょう。 楽しい夏休みに最悪の事件が起きてしまいました。 警察も車上荒らしはなかなかつかまらない、と超弱気な発言でしたし、指紋も発見されませんでした。 保険も適用外なので、車を自腹で修理に出しました。 代車を無料で貸してくれたのが唯一の救いで、夏休みの計画は続行することが出来ました。 車の中には絶対、大切なモノを残しておいてはいけない。 これ、一生忘れちゃいけない教訓です。 悲劇はある日突然、何の前触れもなく訪れます、お気を付け下さい。