「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

レイトン教授と奇跡の仮面

レイトン教授と奇跡の仮面(特典なし)/レベルファイブ
¥5,980
Amazon.co.jp

またやってしまった・・・。 ちゃんと勉強しなきゃいけないのに・・・。 去年の今頃は土日図書館にこもりきりだったのに、今は毎日レイトン教授ばかりやっていた。 だって好きなんだもん。 世界観が好き。絵が可愛い。声優も豪華で巧い!ナゾトキは頭の体操になるし、ストーリーは上質なミステリーと奥深い人間ドラマ。 大学の時から全シリーズやっている。特に3の時間旅行がものすごくよく出来ていた、ゲームのエンディングで感動のあまり涙してしまってから、もうレイトンシリーズにどっぷりハマっている。出る限り全部クリアしなければ気が済まない。レイトンとルークの行く末を見たい。レミが何者なのかも知りたい。 奇跡の仮面は初の3D。アニメ調の世界観が売りなのに、変なポリゴンにしちゃ元も子もない。売りが全て台無しになった。売りを台無しにするためだけに3Dにしたと言っても良いくらい。 フィールドの移動やタッチペンの使い方は効率的になって良い変化だったけど、3Dは完全に遊びが過ぎたと思う。開発者もそう思っていると思う。でも、任天堂が3DS出しちゃったから乗らざるを得なかったような気がする。そんな大人の事情でファンタジーが損なわれるのは実に悲しいことだ。 それでも、ナゾトキとストーリーの面白さは健在。3ほどではないけど、今回も心温まるストーリーだった。 ポリゴンちっくでキャラクターの可愛らしさが半減していたのはもったいない。 続きは元の絵に戻してほしい。 ファンは全員そう思っているはず! レイトン教授をクリアしたので、明日から勉強する! 絶対する!