「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

仕事の失敗

仕事で大きな失敗をした。 最近、仕事を見くびっていたと思う。 こんなことに熱くなってどうすんだ、と。 もっと世の中面白いことがあるのに、なんでそんなにむきになるんだ、と。 自分は、ひょうひょうとやっていける自信があった。何の根拠もない自信だ。 だけど、自分のミスで大きな損失を出した。 ただ、自分の不注意である。 自分の頭の悪さに驚いた。もっと自分は頭の良い人間かと思っていたのである。ただの馬鹿だった。 人に与えれた仕事をやって喜ぶ。その能力を挙げたいと思っている人。そんなのただの奴隷と何が違うんだと、馬鹿にしていた自分が一番馬鹿だったのである。 自分のこともできない人間が、何を言っていたのだろう。 こんなんで、大きな口をたたけないよ。 もっと成長しなくちゃならないと真剣に思った。 真摯に仕事に取り組まなくちゃ。