「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

節電のジレンマと日記

昨日からめちゃくちゃ暑い。 超じめじめしている。 しかも会社は節電節電と言って、ほとんど冷房はつかない。 自分ひとりになると、どうしても我慢できなくて、家で冷房をガンガンつけてしまうなー。 電力会社の総供給量を超えないようにピークを外そうという意識が皆にある。 TVでは電力のピークは朝と昼3時一番暑くなるころ、と言っていたから、みんな、その時間は乗り切ろうとガンバったようだ。 その結果、電力ピークが4時になったという話。 分散させないと意味ないんだよね、きっと。 みんながいっせーのせで3時乗り切ったから4時に冷房付けたんじゃ、ピークの山は1時間ずれただけじゃん。 じゃあ、5時にしてください、といっても皆がそう動いたら意味がない。 心を一つにして国難を乗り切ろうと言われているけど、電力に関してはそれぞれ好きな時、思いついた時に使うしかないんじゃないの、とニュースをみて思った。 仕事の話。 全く売れない時代だから、売れない時にどうすれば良いかを考えた。 売れないのなら、その過程で目立つしかない。 そうすれば、きっと会社はそのプロセスを評価するだろう、結果的に売れれば、頑張ったからだ、と勝手に結び付けて評価してくれる、と。 だから、全国に散らばる同期と組んで、会誌みたいなのを作り、お客さんへの訪問ツールとして使った。 そして、自分比で2倍~3倍の訪問件数まで伸びた。 結局、営業の成績は全然伸びてないけど、やれるだけのことはやっている気がする。 そしたら、先日、営業部長から訪問件数グラフが送られてきた。完全に思い通りである。手のひらの上である。 訪問件数ぶっちぎり一位、改善提案数ぶっちぎり一位。 営業成績は大したことないけど、評価を得た。 この評価が本社へと伝わることを期待。 あとは、結果だなー、どうにかして売らなきゃなー。 やっぱり、行きたくないスーパー我儘大手顧客に行くべきなんだろうな。 他社も同じ気持ちだろうし・・・。 明日から頑張ろう。