「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

東北大地震

今日の昼、東北地方にマグチュード8,8の大地震が起きた。 愛知県でも震度3くらいあったらしいけど、僕は普通に営業をしていて車を運転していたので全く揺れに気がつかなかった。 携帯電話が通じなくなってもソフトバンクがおかしくなったのか、くらいしか思わなかった。auの方も通じなかったから、自分の周りだけおかしくなったのかと思った。 そのくらい何にも感じていなかった。 メールの災害情報で地震を知って、心配になって会社に帰ったけど、みんな普通にしていた。 普通に営業に行っており、普通に残業をしていた。 普通に仕事の話や雑談をしていた。 大したことない気分になって、外で飯を食って、ビデオレンタルして、家に帰ってテレビをつけたら大惨事だと知った。 本当に大変なことになっているようだ。 テレビで次々に映し出される映像がどれも衝撃的で・・・驚き疲れた・・・・何回大声を出したか・・・。 でも、現場にいる人たちの苦痛や不安とは比べ物にならない。大事な人を失いかけている人もいるだろう。 その人たちのことを思うと、本当にやりきれない・・・。 テレビではしばらく東京の帰宅難民と取り上げているけれど、現地の情報が全く入ってこないから、首都圏の情報を流すしかないのかもしれない。 津波の被害が大きいようだから、流されたものも含めて、被害の全体が分かるには相当時間がかかるだろう。 自分にできることはないのかなぁ。 寄付することくらいだろうか。 ああぁ、何て不安定な世界に生きているのだろう。 平凡で退屈な毎日がなんて尊いのだろう。 どうか、みんなが無事でありますように。