「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ひと段落

10月頃から続いていたプレッシャーからようやく解放されたー。

次々と細かい問題が出てきて、大丈夫かなと不安になったが、何だかんだ言って何んとかなるもんだ。

お客さんと対面するんだから営業が一番大変だ、という言葉についてちょっと考えてみる。

最終的に、お客さんからお金を取らないと商売が成り立たないのだから、お客さんと会社の要望を一致させるのが営業の仕事なんだと思う。

でも、会社の都合で出来ないことがあっても、お客さんは「そんなのそっちの都合じゃねぇか」と思うだろう。

代わりなんていくらでもいるのだ。

内部の人間は「無理」の一言を営業の告げればよい。

でも、モンスターと対峙するのは営業なのだ。

その一言がどんな意味をもつのか、は相手の情報を一番よく知っている人間にしか分からない。

だから、会社の考えは時には物凄い検討違いだったりもする。

こういう時が一番辛い。「もう、出入り禁止になって良いや」と開き直れれば一番良いんだけど。

たしかに、辛い仕事だと思う時は多々あるけど、でもこれが一番だとは限らないよねー。

他にもいろんな業種の仕事をしてみないとー。

営業だけやって、これが一番辛い、とか言ってたらカッコ悪いし、説得力もないもんね。

早く次のステップへ進みたいけど、いつか懐かしむ時がくるんだろうか。

あの時は良かったなぁって・・・。