読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ハウスダストアレルギーの強い味方『布団掃除機』を買った件

秋の花粉とハウスダストのアレルギーを持っている私はこの時期大変です。花粉だけでも辛いのに、冬用の毛布を出すと、埃が舞って、眼がチカチカ、鼻がぐじゅぐじゅ、喉がイガイガ、です。

花粉のアレルギーは鼻炎薬を飲んで、屋内に退避すれば、すぐに良くなるのですが、ハウスダストはそう言う訳にはいきません。花粉から逃げたと思ったら、今度はハウスダストが襲ってくるんですから。ゾンビ映画だったらとっくに全滅です。

そこで、いつかアメトークの掃除芸人で紹介していた布団用掃除機『レイコップ』を使えばよくなるんじゃないかと思い立ちました。TVを観ていた時は、「だれが布団の掃除機なんかに2万円使うんだよ」と思っていましたが、私の様な人間が欲するのです。ハウスダストの苦しみが2万円で解消されるのなら安いもんです。

土曜日、いきつけのヨドバシカメラ梅田店に行くと、さっそく布団用掃除機コーナーに店員がいて、いろんな機種のデモをやっていました。話を聞いてみると、日本で一番売れているのはジャパネットタカタが扱っている『レイコップ』で1分に1台のペースで売れているのだが、本場韓国では『アトケア』の方が売れている、らしい。レイコップはフィルターの交換も半年に一回は必要だし、吸引口が凄く小さい(ハンマーヘッドは何の意味があるんだ)、さらに吸引出力がアトケアの半分以下、値段は高い!さらに、レイコップは布団に特化した製品ですが、アトケアは布団だけじゃなく、座布団、カーペット、車など布なら何でもいける!なので、アトケアはシンガポールや中国では3万円くらいで売られているらしいのですが、ジャパネットが布団掃除機は2万円前後という市場の固定観念を作ってくれたので、この値段で売るしかなかったとか。

なんか完全に乗せられましたが、『アトケア』買っちゃいました。私が質問をしている間、周りの人も聞き耳を立てており、さらに二組購入していましたw

騙されたと思って、その日の夕方早速使ってみました。本体は小さいですが、音は普通の掃除機くらい立派なもんです、夜使うには注意が必要です。まず買ったばかりの絨毯に試してみたのですが、・・・ん?なんだこれ、まじか・・・・。笑えるくらい取れました。

さらに、駆け布団、敷き布団と吸い込んだ結果。

20131021-171142.jpg

フィルターにもギッシリ 写真 2013-10-20 21 59 37 吸い込みが悪くなったのでフィルターを綺麗にして、本命の毛布へ。

写真 2013-10-20 22 18 40

ごっそり取れました。毛布と言うかゴミ箱ですねこれ。 こんなにダニやダニの死骸を吸い込んで生きてて、病気にならなかったのが奇跡の様な気がします。

取れ過ぎて逆に不安になるくらい取れました。一説によると布団を叩いて吸引してるんだから、布団の繊維が舞ってそれを吸引してるだけだ、という話もある様ですが、掃除した後は、ぴたっと鼻炎の症状が消えました。眼もかゆくありません。喉も快適です。マジです。

少なくとも私の生活には必需品でした。ハウスダストに苦しんでる方は、ぜひどうぞ。