「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

医学、化学、生物学でも用いられる『統計学が最強の学問である』

統計学が最強の学問である/ダイヤモンド社 ¥1,680 Amazon.co.jp 今、うちの会社で、ビッグデータをどう分析してマーケティングに使うかが喫緊の課題になっておりまして、自分の仕事に少しは役に立つだろうかと思い、タイトル観て衝動買いしてしまいました。 統計学が他の学問より優れている理由、つまり最強な理由が述べられている訳ではないので、内容がタイトル負けしていました。統計学がどういうことに使えるのか、を教科書的に説明しただけの本です。回帰分析とは、p値とは、など語句の説明が滔々となされているだけなので、はっきり言ってwikipediaで十分な内容でした。 こういう本が多いから流行のビジネス本ってのはあまり読みたくなくなるんですよね。