「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

同期

同期 (講談社文庫)/講談社
¥780
Amazon.co.jp

話題の警察小説。 警察が扱うのは事件なんだから、警察の周りは常にドラマに覆われているということですね。その意味で、警察小説って、ちょっとずるい分野なんじゃないかと思います。それだけで小説になる分野。当たり前がドラマな分野。 公安課に勤める同期が突然、懲戒免職になり、真相を暴いていくお話。警察の内部事情や裏社会の構造などがテーマで、序盤は結構ぐいぐい引き込まれます。 が、中盤がダラダラやりすぎました。全然進展ないのに、ページだけ多い! はっきり言って、4分の1くらいの量でも物語は成立する気がします。 別に「同期」だからって話でもないし・・・ 課長を懐柔するシーンも、読んでてあっけなさすぎるし・・・ 裏社会についても、すんごく曖昧な書き方だし・・・ あんまり面白くないです。 暇つぶしには長すぎるので、オススメしません。