「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

壊れた少女を拾ったので

壊れた少女を拾ったので (角川ホラー文庫)/角川書店
¥540
Amazon.co.jp

『姉飼』を描いた変態紳士、遠藤先生のホラー短編集。

弁頭屋 弁当の当を頭って時にして、頭の中に詰め込むのはどうだろう、という思い付きだけで描いた話。ほんとその思いつきのグロさのみの話。双子姉妹、ミチとサチはどっちが姉で妹だがわかんなくなっちゃうので、違う名前にして欲しかった。

赤ヒ月 人食の話かと思ったら、そうでもない。なんだかこの世界では内臓を取り出しても死なないらしい。

カデンツ マジキチ

壊れた少女を拾ったので 名前からしてすんごくエロくて残酷な感じがしたけど、全然。エロくもないし、残酷でもない。むしろ無機質な感じさえする。姉飼の生々しさを期待してはダメ。

桃色遊戯 ピンクのダニに支配された世界の終末、世界観は面白いから長編描いてほしいなぁ。 全体的に、あんまり・・・・でしたね・・・。