「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

人造救世主

人造救世主 (角川ホラー文庫)/小林 泰三
¥540
Amazon.co.jp

小林泰三大先生の長編小説。今までのとは毛色が違って、超人バトルものだ。グロはあまりないが、怜悧で透徹な論理の世界は健在。 相手の超能力を論理的に分析する描写は、いままでのバトル漫画にない展開でハラハラした。ワンピースにも見習ってほしい。 登場人物の会話もすごく論理的できびきびしており面白い。目の前に死が迫っているのに、建設的に議論をして、次の行動を決める。これが小林泰三ワールドなんだな。 めちゃくちゃ面白くて一気に読んでしまった。 続編も次々読みたい。勉強しなきゃいけないのに。