「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

肉食屋敷

肉食屋敷 (角川ホラー文庫)/小林 泰三
¥500
Amazon.co.jp

小林泰三先生の本、五冊目かな。 肉食屋敷 グロいけど、そこまで・・・ ジャンク 人間の器官を部品のように扱う世界観は非常に面白いし、ひねりが聞いてて素晴らしい。 妻への三通目の告白 んな、あほな・・・ 獣の記憶 ありきたりな多重人格ものかと思えば、真逆の発想でビックリ! 全体的に、小粒な感じ。 気軽に楽しめる短編集。