「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

粘膜蜥蜴

粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫)/飴村 行
¥700
Amazon.co.jp

前作『粘膜人間』ですっかりはまってしまって、衝動買い、衝動読み。 粘膜というのは人間のおどろおどろしいところを表現した言葉らしいけど、これが同じシリーズなのか、というくらい方向が違う気がした。 前作は最初からとにかく気持ち悪かった。 でも、今回は爬虫人という生き物と南方の虫が気持ち悪いくらいで、エログロは前作の1000分の一くらいに抑えられてしまった。 日本帝国の新軍の設定とかすごく凝ってて、違った表現力も身につけているなあと実感できるけれども粘膜人間ほど面白くはなかったかなぁ。 雪麻呂が超スーパーわがままでウザいんだけど、お客さんに凄い似てて、読んでて居心地が悪かった。 その雪麻呂が地獄に落ちるので読後感は良い。