「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

成金

成金/堀江 貴文
¥1,470
Amazon.co.jp

ホリエモンの小説第二弾! ツイッターでもみんな大絶賛で、んなアホな・・・と思っていた。まぁ、自分を支持してくるコメントしかリツイートしてないんだろうけど。 そんでまぁ、読んでみたんだけど・・・ はっきり言って・・・ 面白い。 面白い小説だ。 前作『拝金』は、実際に体験したあの時代の裏側を覗きこんでいる気分になれる、という意味で面白かった、みたいなことを書いた気がする。 小説として開かれている面白さ、というよりも、過去を追体験できる人のみが楽しめるエンターテインメントであったと思う。 しかし、この『成金』は普通に読み物として面白かった。 小説家の才能あるなー、としみじみ感じながら読まされてしまった。 カエルの例えの入り方もうまいし、それも伏線になってるし。 太田光の小説とか、やっぱり素人が書いてるなぁっていう文章だけど、この本は違う。普通に小説家のはしくれと言っていいくらいの出来栄え! 結局褒めすぎちゃうけど、実際よくできてたからしょうがない。 次回作も買っちゃうなー。