「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

疾走

疾走/重松 清
¥1,890
Amazon.co.jp

重松清の『疾走』を読んだ。

なんか、心にガツンとくる小説を読みたかった。

この小説の一番の特徴は「おまえ」を一人称のように使うところだ。

主人公の心情の機微を「おまえ」で語ることが、果たしてできるのか・・・。

最初はものすごい違和感を感じる。

読者を突き放す感じ。

高圧的な感じ。

でも、その文体にもすぐに慣れる。

物語の最後に、なぜ「おまえ」なのかが分かる。登場人物の神父さんが語っているからだ。

でも、おそらくこれは後付けなんじゃないかと思う。

二人称でそこまで感情を表現することは絶対できないから。

このままじゃ、よくわからない視点のまま終わってしまうから、つじつま合わせで神父にした、気がする。

この物語は「おまえ」の視点はなんでも良かったんじゃないか。

「ひとり」が通底するテーマであるこの小説の中で、一人称の代わりに二人称を使っている、それだけで、このテーマの答えになっているから。

性描写もやりすぎだし、主人公は運が悪すぎる・・・

でも、かなり引き込まれる世界観。

「おまえ」の視点は文学史に残る試みだったのではないか。