読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

あえて、レールから外れる。逆転の仕事論/堀江貴文

「絶歌」が出版されることの是非が問われているけれども、別の意味でこんな本出していいのかという問題定義をしたくなる本です。まず堀江貴文著と言っていいのか。この本は各分野で個性的な成果を発揮している成功者が自身の半生や仕事観を語っているものをまとめたもので、ホリエモンはその章の合間合間に、上から目線で「僕はこの人を評価している」と一言添えるだけです。堀江貴文編かもしくは共著じゃなければおかしいでしょう。

この本で紹介されている方々はそれぞれ大変魅力的な方々なので、彼らの本を読んだり、彼らに仕事を依頼するのが一番良さそうなもんです。今年読んだもんの中で一番下らない本だった気がします。字もすべて太字で読みにくいし。