「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

マッキンゼーの元社員が書いたマッキンゼーの紹介本です。内容は前読んだ「コンサルティングとは何か」とほぼ同じ。コンサルタントはマジ天才、マジ激務だけど喜びはひとしお、論理的思考と体力が肝、等。

この本を読んだ後、仕事で本当にマッキンゼーの方とお話をする機会があったのですが、噂以上の方々でした。こんな本読まなくても、本物にあったら一発で凄さがわかります。まさに百聞は一見にしかず。一を聞けば十返ってくる。AとBとCの話をすれば、三つの中の規則性を指摘してくれる。最初の話と最後の話を論理的につなげるために補正してくれる。

論理的思考力、数理計算能力、コミュニケーション能力は当然ながら、業界の知識量が半端じゃありません。私が属している業界はそんなにメジャーな業界でもないのですが、そんな業界の、ある地域の、あるファイナンスにかかわる損益分岐点に関して空で言及してしまう恐ろしさ。上司も驚愕の表情でした。

そして金を持ってるからか、身なりもカッコイイ!そこら辺にいるおっさんとは明らかに空気が違う。きっと電車なんか乗らないのでしょう。NRIとBCGの方とも話をしました。皆さん大変、優秀な方々でした。でも、私の会社も日本でそれなりに上位の人間が集まっている会社なので、そこまでは遜色ないと感じました。ただマッキンゼーは次元が違った。

すごい人って世の中にいるもんだと再確認しました。すっかりマッキンゼーのファンです。