読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

迷路館の殺人/綾辻行人

小説

綾辻先生の館シリーズ3作目『迷路館の殺人』です。読者は当然『十角館の殺人』『水車館の殺人』の衝撃に引きずられて、身構えております。もう騙されまい、でも騙されたい、という複雑な読者の期待にどう応え、どう裏切るのでしょうか。

結論から申しますと、全二作の世界を一変する一行ほどの衝撃はないですが、小さな天変地異が散りばめられています。アンフェアとは言いませんが、ちょっとトリックに無茶があるというか、気持ち悪い、というか。評価が分かれそうです。

推理小説としては素晴らしいクオリティですが、全2作と比較してしまうとちょっと弱いかもしれない、という印象です。