「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

水車館の殺人/綾辻行人

これぞ本格推理小説! 万人に自信を持ってお勧め出来る傑作中の傑作です。

十角館の殺人』の”ミステリー界に革命を起こした一行”に続く館シリーズ第二作がこの『水車館の殺人』です。あの革命的小説に続く作品ですので、読者は相当の期待を持ってこのミステリーを手に取ったはずです。(この期待は、期待を裏切って欲しいというねじ曲がった期待です)

彼らの期待を裏切ることで、見事に彼らの期待に応えた素晴らしい作品です。どう裏切るのかはネタバレになってしまうので、何も語りません。とにかく読んでください。誰がいつ読んでも、驚嘆と納得をもたらしてくれるでしょう。最初から世界観に引き込まれるし、描写や設定が上手い。上質なミステリーに必要な怪しい雰囲気ぷんぷんの現場設定、それぞれの隠し事を持った登場人物達、どこか力を抜けさせる探偵気取りの客(結局何者だったんだっけ?)。

誰がどう見てもI坂K太郎の娯楽小説とはレベルが違うと思うのです。彼の小説を一冊読む暇があるなら、綾辻先生の歴史的傑作を一行でも読んだ方が良いと、私は思います。

綾辻作品を制覇します!