「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ABC殺人事件/アガサ・クリスティー

アガサ・クリスティー作品3作目です。ポアロに殺人予告の手紙が届き、ABCの順番に頭文字が当てはまる人が殺されていく連続殺人事件。

簡単に殺人を許してしまうし、犯人もたんたんと捕まるので、ポアロのどこが名探偵なのか、と思いましたが、最後に大どんでん返し!ポアロカッコいい。

でも、衝撃としては、そして誰もいなくなったアクロイド殺しABC殺人事件、って感じです。 最後は面白いけど、中だるみが半端ないのは、推理にあんまりのめり込めないからかしら。