読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

見晴らしのいい密室/小林泰三

人文科学

小林泰三先生の最新作です。 相変わらず論理をこねくり回した独自の世界観ですが、一つ一つは小ぶりな印象。

『酸歩する男』ほどの衝撃には出会えませんでした。 これといって特筆したい物語もありません。小林先生ファンなら読むべきですが、導入編としてはオススメしません。

『目を擦る女』の再編集版で被っているものも多いらしいので、気をつけましょう。