「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

あなたは既に騙されている『ハサミ男』

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

徹夜本、大どんでん返しがある本、極上ミステリーの話題になると必ず挙げられる一冊です。これを読んだことないミステリー好きはモグリです。

いきなりハサミ男の独白で始まる超展開。古畑任三郎的な、犯人目線で事件を眺めて、刑事の解決ぶりを楽しむミステリーなのかと思いきや・・・。


最後の大どんでん返しは、いきなりすぎてさっぱり意味が分かりませんでした。違う小説読んでいるのかと思いました。ええええ!!?というよりも、ん?なんだなんだ??という感じ。


十角館の殺人は物語の根幹を覆す革命的な一行でしたが
ハサミ男」はどちらかと言うと「殺戮に至る病」や「葉桜の季節に君を思うということ」の系統です。

ミステリー好きは一度は読んだ方が良いと思います。