「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

働き方 完全無双  ひろゆき

働き方 完全無双

働き方 完全無双

伝えたい熱い思いがあって書かれた本ではなく、お願いされたから仕方なく書いた、という感じがひしひしと伝わってくる本です。データで説明するよりも「たぶん〜でしょう」で済ましてしまうところに、やる気のなさが滲み出ていました。

「それあなたの主観ですよね?」

ひろゆき本人なら言いそうですが、ひろゆきの主観に興味がある方向けの本なので、そんなこというのは無粋というものです。