「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

本当にあった婚活の怖い話

わたし、バツイチ子ナシ犬ありで婚活中です。


アプリで出会った大企業秘書さんと何度かデートをしました。見た目は女子アナみたいな清楚系で、とても楽しそうに私の話を聞いてくれて、何よりも私にすごい好意を持ってくれている子でした。

脈アリ?ナシ?とか言う問題じゃないくらい、ガンガン、アプローチをもらいました。

この子には真摯に向き合わないといけないなと思い、3回目のデートでバツイチであることを告げました。子供なし、慰謝料もなし、連絡もとっていない、心の病気でいろいろ大変だった、ことを言いました。

すると彼女は「全然気にしない!」と言ってくれました。

彼女とはいろいろな話をし、紅葉を見に行きたいね、とかバクテーを食べたいねとかこれからの話をいろいろしました。


でも不思議とキスをしたり、それ以上をしたいという感情が湧きませんでした。正直、あんまり見た目もタイプじゃない気がして、でも長く付き合っていくうちに好きになっていくのかなぁなんて思っていました。


4回目の食事のときの話です。

秘書「昨日は寝れた?」
私「うん、ぐっすり。寝れないってことないもん。」
秘書「そう!良かった。」
私「秘書さんは寝れた?そういえば出張とか、旅行先ではよく寝られないって言ってたよね」
秘書「そうなんだよ。幽霊がいると、やっぱり怖かったりするから」
私「あぁ、そうなんだ、寝れないときってあるよねー」


ん??


私「幽霊見えるの?」
秘書「うん、見えるよー」
私「普通に?」
秘書「うん、家族全員見えるよー」
私「え!?どういうこと!?幽霊いるの?」
秘書「あ、見えない人?へー、血液型は何型だっけー」
私「!!!!!!??????」



彼女にとって、幽霊が見える人見えない人というのは血液型がA型かB型かっていうくらいナチュラルな区分けのようでした。お父様はガチガチの理系でしたが、かなり霊感の強い母親の影響で見えるようになったとか。霊感強い人と一緒にいると見えるようになるらしい・・・・。




















いやだぁあああ!!!!見たくねぇえ!!!!
















っていうか、幽霊見えるとかさぁ・・・・・・。もうやめてよ。

まぁいいよ。100歩譲って。科学では説明出来ない事象はたくさん存在するよ?それは認めるよ。でもさぁ、幽霊じゃないよ、たぶん。

駅に?
ぼやぁっと?

足がないって??
二度見したら消えてるって??


なにそれ。そのオカルト。テンプレみたいな発想。もうやだ。


彼女は幽霊が普通に街に漂っている世界を生きている。
私の世界には幽霊はいません。見えません。


一緒に温泉旅行行って「ここ幽霊がいるから帰りましょ」とか言われるんでしょ。
実家に遊びに行ったら「あなたの実家に幽霊がいるわよ」とか言うんでしょ。

無理っしょ、それ。
幽霊見える人と一緒にいるの無理っしょ。
自分が幽霊見えるようになるの無理っしょ。


俺の心が狭いのかな。
みんな幽霊OK??

いやいやそうじゃないと思うなぁ。

たしかにバツイチは気にする人いるよ。だからプロフィール欄にも書く欄あるよ。

でもさ、幽霊見えるかどうかもきにする人多いと思うよ、俺。だって幽霊見える人いやだもん。ちゃんとプロフィール欄に描いてよ、幽霊見えるって。俺は幽霊みえないって書くから。そうすればマッチングしねぇから。な?頼むな、アプリの人。


なんかもうドン引きだったので、即刻もう会えませんと言いました。会って話すのも嫌だったのでLINEで別れを告げたところ「あなたは一人の女性を幸せに出来なかった人だから、こちらから願い下げです。バツイチはやっぱりだめですね」とおもっくそ人格否定されました。ワロスwww。だって会ったときに「あなたの背中に霊がいます」とか言われたら嫌だもん。。





境界性人格障害という悪魔のような病気があることも30代にして知りましたが、幽霊が見えるって人がガチでいることも初めて知りました。まだまだ世の中知らないことだらけですね。


婚活中の皆様。金銭感覚、笑いのツボ、好きな食べ物、も大事ですが。幽霊が見えるかどうかも結構大事な要素だと思うので早めにご確認くださいね。