「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

松浦弥太郎のファンブック『松浦弥太郎の仕事術』

松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫)

松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫)

朝日文庫のフェアで大々的に売り出していたので、読んでみました。

ただ「松浦弥太郎氏の仕事に対する考え方」が綴られている本です。この本の通りに行動すれば「松浦弥太郎」のように振る舞えるのかもしれませんが、そもそも松浦弥太郎という人が何者なのか知らないので、「松浦弥太郎」のように振舞うことが正しいのかがわかりませんでした。この人は成功者なの?歴史になお残すような人なの?


暮しの手帖」編集長とありますが、「暮しの手帖」読んだことないし。読んでいる人も周りにいない。なのになぜ松浦弥太郎という人はこんなに祭り上げられているのでしょうか??


松浦弥太郎ファンのための本だと思います。私はファンではないので、あまり刺さりませんでした。