「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

最近のこと 2017年7月29日

最近、全然ブログを更新できなかったのは、ようやく自分が言い出した新規事業が開始したためです。2015年12月末にアイデアを閃いてから1年半で実際にプロダクトを世に出せたというのは、そんなに悪くないスピード感のような気もします。

2016年2月にパートナー候補と話が盛り上がって
2016年5月に会社が乗り気になって
2016年9月からシステムの開始を初めて
2017年2月ようやくβ版を世に出せると思ったらパートナー候補ともめて
2017年4月に和解して
2017年5月連日深夜まで働いてシステムを完成させて
2017年6月に限られた人だけに公開して
2017年7月に世に出しました。


本格的にローンチして1ヶ月です。まだまだ全然成功の兆しも見えません。1日100弱音くらい吐きます。


失敗したら全部自分のせい。
いろんな人を巻き込んでしまった。
これが出来なかったら自分って本当に無能な人間だよな。
みんなから「やっぱりダメだったな」と笑われるな。
会社にいられないかもしれないな。
そもそもアイデアとしてダメなのかもしれない。
俺じゃない人がリーダーだったら成功するのかもしれない。


なんてことが頭の中をグルグル回ります。その都度、別の自分はこう励まします。

ダメでもともと。
本当はゼロだった。イチになれば大成功。失敗が当たり前。
無能だって良い。自分のせいだって良い。やりたかったんだから。
笑われたから何なのだ。
会社に居座れ。
いや別の会社でまた楽しいことをやれ。
いやいやアイデアも能力もある、全力でやろう。
どうやったら成功するかを考えること、そのものが「楽しい」のだ。
というか、「やらずにはいられない」のだ。



****************


明日31歳になります。

30歳の1年間は本当にいろいろなことがありました。
プライベートでは、私が別の女性と食事にいったことが妻にばれて離婚ギリギリまで話がいきました。本当に食事に行っただけなんですよ。本当に。他にもお義姉さんの息子を婿養子にするべきかという話になったり、バレンタインデーのチョコを「薄いね」と言ったら離婚ギリギリになったり、職場の先輩とご飯に言ったことを秘密にしていたら離婚ギリギリになったり、嫁姑問題で両親と絶縁状態になったり、もう無茶苦茶でしたね。たぶんこの問題は31歳になっても何も解決せず、どんどん問題は泥沼化していくでしょう。


仕事は新規事業立ち上げでテンションMAXになったり、不安MAXになったり、怒りMAXになったり、毎日無我夢中です。



プライベートも仕事も波乱万丈です。たぶんこんな暮らしをしていたらストレス過多で40代後半で死ぬ。でも「死の恐怖」、「存在論的不安」を克服するためには、毎日無我夢中で「苦闘」すること以外にないと思うのです。30年生きてわかったのは、自分はただ何となくぼーっと生きていくことが出来ない、ということです。何かせずにいられない。大変なこと、苦労の多そうなこと、刺激的な場所、意味不明な人と接触、しないではいられない。自分の意思で今の妻と結婚し、自分の意思で今の仕事を始めている。選択的に頭を悩ますようなことをしている、それが自分なのだと思います。


31歳はどんな一年になるだろう。