読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

小倉優子が幸せになれなかった理由

新番組『良かれと思って』のゲストとし小倉優子が出演していました。

 

私のようなアラサー世代にとって、ゆうこりんというのは唯一無二の圧倒的アイドルとして強烈に記憶に残っています。

 

 

当時の小倉優子は本当にすごかった。顔はめちゃくちゃ可愛い。胸は大きくないけど手足は長くて、結構せめるグラビア水着もやってた。こりん星とかめちゃくちゃな設定でも許されるくらい圧倒的に可愛いかった。

 

 

グラビアをやらなくなってからあまりマジマジと小倉優子をみたことがなかったのですが、今回久しぶりにじっくり小倉優子を観察して思うことがありました。

 

 

たしかに顔は可愛い。昔の写真と比べると目が二倍くらい大きくなってるけど、やはりすごく魅力的な容姿だなと思う。誰がどう観ても芸能人!という感じ。こんな一般人いないもんね。

 

 

でも、やはり33歳、二人の子供を持つ母親です。さすがに目尻のシワも肌の劣化も隠せる限度があります。これからも容姿の魅力は減退していくのでしょう。

 

 

そしてキャラクター。これが問題。話が一ミリも面白くない。意外性もないし、論理性もないし、空気を読んでる感じもしない。若くて可愛いということだけでチヤホヤされていた時のゆうこりんそのままでした。チヤホヤされていた女の人が歳を取るというのは、こういうことかと思いました。

 

 

 

身体的には確実に33歳になっているけれども、中身は若くて可愛いお嬢様のままなのです。誰かが自分を受け止めてくれる、話を広げてくれる、気を使ってくれるという前提の世界観で生きているのです。

 

 

 

若くて可愛い時はそれでいいのです。ただいるだけでみんなの心のオアシスとなれる存在だったから。現にゆうこりんがいるだけで絵として成立していた時代があった。

 

 

 

でも、もうダメだ。世界は変わっていないが、自分は歳を取ったのだ。若くて可愛いからみんながお膳立てしてくれるという超絶ボーナスステージは終わってしまったのだ。これからは自分で話題を作って、周りを巻き込んで行かないと生きる道はない。

 

 

いや、ゆうこりんに限らず、全員そうなんだ。若いから許されてる特権期間というのがたしかにある。でも、それを過ぎた後、若者と同じように振舞っていたら、誰にも相手にされなくなる。だから、技術なり資格なり人脈なりをそれまでに身につけておかねばならない。

 

 

これは人生におけるオランダ病と言えるかもしれない。

 

 

若さと可愛さという天然資源が豊富にあり過ぎた故、勤勉、努力、気遣いを養う必要がなかった。しかるに若さと可愛さは必ず失われる。その時には何もない大人が出来上がる。

 

若くて可愛過ぎた故につまらない大人になり、結果、恋人や配偶者の愛情を受けられなくなって破局、というケースって、この世の中にかなりザラにあるんだと思う。

 

 

小倉優子は可愛過ぎた。なんの努力も必要ないほど可愛過ぎた。周りもそれを認めていた。それが彼女の不幸だった。彼女を不幸にした一因は小倉優子をありのままで崇拝していた私のようなファンである。

 

 

美人が幸せになるのは、本当は1番大変なのかも知れません。だから、佐々木希も数年後は、、、