「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

大ドンデン返しの教科書『仮面山荘殺人事件 東野圭吾』

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

東野圭吾の本ではかなり有名な部類に入る大ドンデン返し系ミステリーです。

正直、ストーリー展開も風景描写も心理描写も全然引き込まれません。強盗犯が立てこもり中の山荘で密室殺人が起きると言う超ドラスティックなミステリーなのに、どれもこれも退屈な場面ばかりです。

全部、斜め読みで良いくらいです。


ただし、最後はきちんと締ります。パチパチパチ。


ミステリー小説としては新しいですが、映画ではこういう展開、かなり昔からありましたよね。