読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

ASKAへ 700番 2 第二巻/第三巻 を読んで

 

700番 第二巻/第三巻

700番 第二巻/第三巻

 

 

私はASKAのファンです。信者と言っても良いくらいです。本人は嫌がるかもしれませんけど。

 

少なくともASKAの才能に最も感謝している人の一人です。だって「ASKA 天才」でググればこのブログがトップに来るくらい。

 

 

私は今、自分の人生に対してそこそこ愛着を持っています。かなりヤバイ系の妻を持ってしまったことを除いては、結構良い人生だと思っています。

 

仕事にもやりがいを持っているし、筋トレは楽しいし、友人たちとの会話は潤いだし、美味しい食べ物は幸福を与えてくれるし、読書と音楽はそれらの生きる理由を何倍にも増幅してくれます。

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、大真面目に言います。私がいま私であるのは、ASKAのお陰だと思っています。

 

高校で自分が何者にもなれず悩んでいた時、「心に花の咲く方へ」が慰めてくれました。

 

大学で大好きな人ができた時、「はじまりはいつも雨」が恋を何百倍も盛り上げてくれました。

 

新入社員の時、自分の足りなさで一番尊敬していた人から見放された時、寄り添ってくれたのは「月が近づけば少しはましだろう」でした。

 

仕事で何度も何度も失敗して、それでも立ち上がる勇気をくれたのは「太陽と埃の中で」「On Your Mark」「not at all」でした。

 

人間関係に疲れ、自分に失望し、全てを捨てて消えてしまいたいと思った時に、私を呼び止めてくれたのは「Pride」でした。

 

ASKAの作ったこの楽曲がなければ、今の私がないというのは本当のことです。

 

たぶん、同じ思いを持っている人は世界に数万人いると思います。

 

そういう意味で、私にとってASKAは人生の恩人なのです。

 

 

だから当然、ASKAがお金を貸してくれと言ってきたら貸しますし、力を貸してくれと言われれば持ちうる全ての力を使って手助けしたいと思います。

 

 

われわれファンはASKAを尊敬し、愛し、感謝しています。

 

 

という前提の上で、この本の感想を述べます。

 

 

 

 

文章はとても読みやすかったです。心の動きを表すのはプロ中のプロな上、要所要所に少年期、青年期の物語が散りばめられ、読者を飽きさせない構成になっています。

 

 

たとえどんなことがあっても、われわれはASKAの味方です。当たり前です。私が世界中から見放された時にあなたは私に「Pride」を歌ってくれた。「Big Tree」を歌ってくれた。「NO PAIN NO GAIN」を歌ってくれた。その恩は一生忘れることはありません。

 

だからこそ、敢えて言いたい。

 

この内容では、世間を納得させられない、と。

 

われわれファンは良いのです。だって、どんなことがあってもASKAを信じてるし、ASKAの曲を愛し続けると決めているから。

 

でもASKAの曲を知らない人がこの本を読んでも、ASKAの言っていることを理解できない、たぶん。

 

個人的には盗聴集団が存在しようがしまいがどうでも良い。それによってASKAの音楽の素晴らしさは一ミリも損なわれることはない。

 

スポイトにお茶をいれようが、尿を入れようが、私がASKAに生かされたという事実は揺るがない。

 

でも、世の中を説得したいなら、証拠を提示しなけれはダメだ。

 

Githubは盗聴集団ではない。そんなことググれば一発で分かる。ASKAはめちゃくちゃ頭の良い人だからそんなこと分かってるはずだ。

 

本の中で言及されているこのサイトはテクノロジーを使った一般人の盗聴の話ではない。

 

http://d.hatena.ne.jp/shouh/touch/20161024/1477314529

 

Githubを使っている女性プログラマーGithub上の動きが、自分の画面上に表示される、というだけの話だ、

 

ツイッターをフォローしたり、facebookで友達になるようなもんだ。そこからパソコンに侵入して、盗聴したり、データを消したり、という類のものではない。

 

 

精神病の人はみんな「盗聴されている。盗撮されている」と言うらしい。精神病棟で実習していた奥さんが言っていた。全員が言う、紋柄型の被害妄想なのだ。だから、自分が精神病ではなく、本当に盗聴盗撮されているというのなら、それを証明しなくてはならない。

 

本当におばあさんを助けて遅刻したなら、おばあさんとの写真とか、お礼の手紙とかを持っていかないと世間に通用しないのと同じだ。

 

 

何度も言うけど、私たちファンにとっては、ASKAの言っていることだけが本当である。ASKAの全てを支持し、感謝している。

 

 

でも、世間を味方につけたいのなら、もっときっちり証明していかないと無理だよ、と申し上げている。

 

ASKAの友人でテクノロジーに詳しい人が真実を語ってくれれば良いのですが。

 

 

まぁ何はともあれ。

私はASKAの味方です。

どんなことがあっても。