「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

あなたが何をすべきか教えてくれる本『スーツに効く筋トレ』

Testosterone先輩の最新作。

スーツに効く筋トレ (星海社新書)

スーツに効く筋トレ (星海社新書)

Twitterのまとめではなくて、全文書き下ろしです。いつもの筋肉ギャグや筋肉バカキャラが封印され、少し真面目に筋トレの効果を説いた本です。


昨年、読んだ自己啓発本、ビジネス本は十数冊に及ぶけれども、Testosterone先輩の著書が正直、圧倒的に素晴らしかった。

nanikagaaru.hatenablog.com

自己啓発本やビジネス本では主に、考え方や時間の使い方に焦点を当てることが多いものです。すると、少し時間が経つといつもの生活習慣に戻ったり、考える癖が戻ったりします。だから次々と手を替え品を替え色々なビジネス本が流行るのです。一方、このTestosterone先輩の指南は、具体的に「筋トレ」をやれ、というアドバイスだけです。しかも、それが抜群に効きます。頭は冴え渡り、気分は爽快になり、新しいアイデアは生まれ、ストレスは霧散し、普段の生活の中でも分厚い筋肉が自己肯定感(自己陶酔感?)をもたらしてくれます。


こういう風に考えたら良いんじゃない?というアドバイスはなかなか効きません。「Be ⚪️⚪️」というアドバイスですね。
でも、こうやったら良いんじゃない?というアドバイスは直接身体と頭に効きます。「Do⚪️⚪️」というアドバイスです。
よい自己啓発本、ビジネス本の定義は、BeではなくDoを語っているかどうかです。

P39 スーツの上からでもわかるくらい鍛えていると、初対面の人との会話のきっかけになる。昔スポーツをしていた人や、いま現在趣味でゴルフをやっている人、娘のためにカッコいいパパになりたいから痩せたいと思っている人、健康を気にしている人ー。これらの方と意気投合すること必至だ。この場合、上司だろうとクライアントだろうと関係ない。場合によっては一時的に立場を逆転して、先方に有益なアドバイスを送り、先生になれる。中略、ビジネスは、相手から気に入られ、尊敬されたら、たいていはうまく運ぶものだ。

これは本当にそうです。私の場合、筋トレより先にプログラミングに熱中していた時期があって、お陰で部内の誰よりもパソコンに詳しくなりました。エクセルの関数の使い方、ワードでの変種履歴を消す方法、パワーポイントの図形を編集する方法、Outlookで送信確認できるようになるプログラムなど、上も下も関係なくアドバイスをしていたら、部の外の人も含めて色々な人に声をかけられるようになりました。そうすると、みんな「パソコンのことならアイツに聞け」という空気になり、上司、役員クラスにも声をかけられるようになります。結果、上の人しか見れない資料に目を通す機会が増えたり、若手は誰もいない会議に参加できたりするようになりました。うちの会社はITとは無縁の業界だったので、ほんの1、2年の独学プログラミングでここまで成果がありました。一つでも何か負けない分野があると、ビジネス上素晴らしい効果がある、というのは本当そう思います。


私も筋トレをするようになって、人生が変わりました。今日は初パーソナルトレーナーをつけたトレーニングです。どんどん鍛えてスーツの似合う男になりたいと思います。