「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

アラサー以上の人が結婚するためには

結婚したいけど出来ないというアラサー以上の方と話をしていると結婚に対する認識が根本的に間違っていることに気づいたので、発想の転換の仕方をここに提案いたします。

 

内田樹先生もよく仰るように、結婚は幸せになるためにするものではなく、不幸のドン底に落ちないようにするものです。言わばセキュリティネットです。結婚と幸せには何の因果関係も相関関係もありません。

 

考えてみれば当たり前です。結婚することによって、他の異性との交流は法律で禁止され、友人との交流と制限され、お金と時間は管理され、家事が増え、出費が増え、自分以外の人のために生きる時間が増えるんですから。これが幸せと思う人がいるなら、結婚=幸せという等式が成り立ちますが99.9%の人にとってはそうではないと思います。特に一人で楽しく生きてきたアラサーの人にとっては。

 

結婚したいと思っている人はまず、『結婚は幸せになるためにすること』という誤解を捨てて下さい。

 

何度も言いますが、結婚は不幸のドン底に落ちないためにするものです。

 

逆にいうと相手を不幸のドン底に落とさないという契約が結婚です。

 

だから、結婚の条件として自分が幸せになるための項目を挙げるのは根本的に間違っているのです。大卒以上、年収600万円以上、身長は最低170センチ、次男、などなど。

 

本来結婚するためにあなたが挙げなければならない条件はその逆です。この人なら私が不幸のドン底から救ってあげられますという条件です。つまり、無職、借金200万円以内、前科一犯、とか。怠け癖、足が臭い、口が臭い、でも良い。コミュ障、持病が3つ、嘘つき、とかも良いですね。

 

 

私が不幸のドン底に落ちないようにケアしてあげられる人が自分の結婚可能性相手なのだと思えば、本当の自分の市場価値が分かります。大卒で、年収600万円の人が病気で働けなくなった時に支えられるのだったら、あなたはその人の結婚相手に相応しい。でも、平時にただ生活を支えてもらいたいだけだったら相応しくない。だって、相手にとってあなたとの結婚に何のメリットもないから。そもそも結婚は幸せの原因ではない、にもかかわらずセーフティネットにならない。あなたはあなたが支えられる人と一緒になるしかない。論理的にそうなる。

 

え?自分が支えるばっかりの人と結婚したくない?でも、それはいつもあなたが言っていた結婚相手の条件に当てはまる人もあなたに対してそう思ってるよ。

 

厳密にいうと、社会的な地位も生活力もサバイバル力を完全に一致している夫婦なんて存在しない、それは確かにそう。だから、本当のことを言うと、どちらかが持ち出しであなたが倒れたら私が支える!と言いださないと永久に結婚はできない。

 

昨今、結婚できない若者が増えたのは、持ち出しであなたを支えます!という気概を誰も持てなくなったからだと私は思う。それは縮小経済の所以なのか、消費社会の浸透のせいなのか、はたまたゆとり教育の成果なのか。

 

あなたが結婚したいなら、まずはあなたが持ち出しで誰かを支える!という宣言をしないといけない。その最初のステップが上の条件出しだと私は思うのです。