読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

無限論の教室/野矢茂樹

無限論の教室 (講談社現代新書)

無限論の教室 (講談社現代新書)


野矢茂樹先生の無限論講座です。文系大学生がへんてこな先生から講義を聞いているという設定なので、文系でも初学者でも無限論の深淵さに触れることができる良書です。

無限論を考える上で大事なのが「実無限」と「可能無限」という異なる前提です。

πは無限に続いている数字が存在すると考えるのが実無限。
計算した時に初めて数が現れ、計算は無限に可能とする、というのが可能無限の考え。

実無限の立場ではπの中には0が100個続く箇所が存在すると考えるが、可能無限の立場では、まだ存在しないものに関しての議論は無意味であると考える。



さらに無限論に突っ込んでいくとゲーデル不完全性定理にも入っていくので読み応えがあります。今まで色々読んできてさっぱりわからなかったものが、この本を読んで少しスッキリしました。