「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

人生は楽しいかい? ゲオルギー・システマスキー

最近、自分が担当しているあらゆる仕事が炎上して、朝から晩まで仕事漬けです。平日ジムに行く時間も作れず、休日は翌週の対策を考え続ける日々です。これはこれである意味充実しているので、別に良いのですが、何とか気持ちだけは落ちつけたい。

こういう時は本屋に行くと、なんだか今の自分の気分にぴったりの本に出会えたりするのです。
(私はこれが紙の本がいまだに電子書籍に代替されない第一の理由だと思う)

そこで目についたのがこの本。

人生は楽しいかい?

人生は楽しいかい?

別に人生が楽しくないわけではなかったのですが、「なんとなく大丈夫」という感覚を身に付けたくて手に取りました。内容はといいますと、システマというロシア特殊部隊から生まれた格闘技の考え方を人生に応用していくお話です。

ステマの思想を体系的に整理して説明する本ではなくて、うだつのあがらないサラリーマンがシステマを学んでどう成長していくかを描く物語です。「夢を叶えるゾウ」とか「大富豪アニキの教え」みたいな本に近いかもしれません。


ステマの教えはどれも本当に基礎的なことばかりです。基本的なことを忘れていたよ、あはは、という人には良いアドバイスかもしれませんが、こういった自己啓発マニアの私にとっては、「うん、そうだよね」ということばかりであまり真新しさはありませんでした。


呼吸を意識しようというのはシステマのキーになっているのですが、私の場合、呼吸を意識し始めた途端、どうやって息したら分からなくなって余計息苦しくなるので、ダメでした。


ステマの伝道師ゲオの関西弁は、外国人っぽい関西弁の面白さが皆無で上滑り気味でした。ここをもっとコナン君みたいな「変な関西弁」にすれば面白かったのに、と思います。

自己啓発の入門書としては良いかもしれませんが、「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」とか「筋トレが最強のソリューションである」を読んで頭にガツンと来た人には物足りない本かと思います。


nanikagaaru.hatenablog.com
nanikagaaru.hatenablog.com
nanikagaaru.hatenablog.com