読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

人生の真理が分かる書物『筋トレが最強のソリューションである』

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法


生きづらさを感じている現代人への救いの書。神様が平成の時代に落とした聖書。
蔵に保存して、代々読み継がれるべきです。まずは30m2くらいの土地を買って、基礎を打って、2畳くらいの蔵を建設して、そこに無造作に置いておくべきです。

男の幸福度を規定するのは女性であり、金であり、仕事であり、趣味なんだけど、結局はテストステロンが分泌されているかどうかにかかっているらしい。。

男は結婚をすると、当然、女性との色恋は抑制され、お小遣いは厳粛に定められ、趣味にかけられる時間も限定される、ただ仕事に邁進するしかないマシーンになるしかない。

そんな暮らしのなかでテストステロンが分泌されるだろうか、いやされない。私がこの一年元気がなかったのは、そのためだ。

まっすぐ家に帰らねばならず友人と喋る時間もない。趣味にあてる時間もない。お小遣いは昼飯で消え去る。

そんな暮らしを半年ほど続けた結果、私の心は荒廃し、味覚は鈍磨し、視覚は暗転し、体臭は猛威を振るい、口臭は激化した。このままでは生命も危ぶまれる中で、見つけた一筋の光明。それが本書です。

おそらくTwitterの名言をまとめ上げたもので、一ページ当たりの文字数がもんのすごい少ない。そして字がでかい。これ、本なの!?というレベル。Amazonのおススメに騙されたかと思った。
本屋でこの本を見つけたら「うすっぺらい」と臆断し、読み込むことはなかったであろう。

でも、本来、本の真価は文字数とも文字の大きさとも関係ないはずだ。五七五の17文字だけでこの世の情感の肝を表現することもできるのだから。そんな力と勢いを感じさせてくれる本です。

とにかく、面白い。電車の中でゲラゲラ笑ってたら、隣のOLがドン引きしていました。
ベッドの中で、ゲラゲラ笑ってたら奥さんに蹴られました。

でもそんなこと意にも解さないくらい大きなエネルギーをくれる本です。

そうか、全ては筋トレだったんだな。全ての悩みは筋トレによって解決する。いや解消されるのだ。私が満たされないのも、苦しいのも、モテないのも、ハゲてきたのも、筋トレしてなかったからなのだ。

いやいや、本だけを根拠に言っている訳ではありません。私は学生時代、格闘技を習っていたのです。その時は毎日のように筋トレをしていたのですが、確かに毎日ハツラツとしていた。
前日の筋トレの痛みが心地よかったし、身体が強いと不思議と自信が湧いてくるものだ。
毎日にハリが出て、自信も出て明るくなって人を惹きつけるような気がする。
たしかに大学生時代が一番人に囲まれていた気がする。さだまさしの主人公の歌詞そのものだ。

あなたの眩しい笑顔と友達の笑い声に抱かれて私はいつでも必ずきらめいていた

みたいな。あれはマッチョの歌だったんだな。

会社員になっても筋トレの効用は計り知れない。

いざとなったらお前の首を片手で締めれるんだぞという自信があるとないとではビジネス上のタフネゴシエーションの進め方に大きな違いが出てくるような気がする。

自信に根拠なんていらないとアドラー先生も仰っていた。

とにかく鍛えている充実感と強い身体、これだけで幸せの条件は整うのだ!

私の今までの停滞していた人生を一変させた名言。

筋肉を手に入れる過程で自信、健康、知識、仲間、成功、根性、品格、社交性、彼女っぽいもの(ダンベル)、自制心、タフなメンタル、趣味、親友っぽいもの(バーベル)全てが手に入る。探せ!この世の全てをジムに置いてきた!


筋トレしよう、それが全てだ。

なにはともあれ、読み物としてめちゃくちゃ面白いので絶対読んでください。
うらやましいくらいに美味しいキャラ設定。
自分のためだけでなく社会を変革したいと言う心躍る理想。
実際に結果を出してきた行動力とその筋肉。
完璧。全て完璧。

テストステロン先輩の今後の活躍に期待大!