読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

情報収集先

コラム

私の情報源は毎日の「2chまとめサイト」と「はてなブックマーク」、時間がある時にたま~に「ニュースZERO」を観るだけです。以前は、山岸舞彩のほとばしる向上心とSっぽい表情が大好きで良く見ていたのですが、引退してから見る機会が激減しました。

 

ほぼ「2ちゃん」と「はてブ」だけで世の中の動きを知った気になっていましたが、昨日驚愕の事実を知りました。隣で「娘が18歳になるから、もう選挙にいけるんだよなぁ」とおじさまが独り言を喋っているのを聞いたのです。

 

え!?選挙権って18歳から与えられるようになったの!?いつのまに!?

 

総務省のHPを見てみる。本当だ!昨年6月に公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、今年6月から施行されるらしい。

 

総務省|選挙権年齢の引下げについて

 

国のシステムが変わった大転換点なのに、なんで知らなかったんだろう。もう30歳なのに、政治学専攻してたのに。

 

 ちょっと前まで税金を15円以上納めた25歳以上の男性にしか選挙権がなかったというのに。

 

昨年6月時点では、新聞もマスコミもすごく騒いでいたのでしょう。問題は私がその騒ぎに気づかなかったことです。このままでは、憲法が変わろうが、徴兵制が始まろうが、何も知らないまま、2chまとめとはてブを見てニヤニヤしてる内に殺されてしまうかもしれない。

 

今は自分で情報を取捨選択できる時代です。私が興味あるニュースはグルメとアイドルとITだけなので、その話題しか目に入らない環境を自分で作り出してしまっている。昔はテレビと新聞とラジオしかなくて、マスコミの賢い人達が選んでくれたニュースを知っていれば良かったんだけど、今はそういう訳にはいかない。時代は画一から多様性に向かってる。

 

情報を限定されていた時代から、膨大な時代にアクセスできる時代になり、いまや自分で情報をカットできる時代。でも、私は自分に必要な情報が何か分かっているのかあやしい。分かっていないままカスタマイズしてしまってるのかもしれない。

 

たぶん私の子供くらいの世代は小さい頃から自分の興味に特化した情報だけを取捨選択して生きていくことになる。そうなると偶然の出会いで好きなことをみつけるってパターンが非常に少なくなるかもしれない。

今の自分を形作っているのって、ほんの偶然の出会いが重なったものだったりするんだよね。

 

例えば私がドラムを習っているのは、たまたまつけたテレビで桑田佳祐が作曲してて、まずはドラムのリズムパターンから始めてたのが衝撃だったから、だし。 

今の会社にいるのも元を辿れば産経新聞スヌーピーの4コマを読んだのが原因と言えるかもしれない。話すと長いけど。

 

情報を限定しないことって、すごく身体的に負荷がかかるし、面倒くさいことなんだけど、楽しいことでもあるんだよね。

 

もっと情報の海に飲まれたい。ニュースをいっぱい見たい。だから、山岸舞彩がテレビに戻ってきてくれることを願ってます。私が言いたいのはそれだけです。