読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何もない」がある

音楽と本について書きます。日々考えたくだらないことも。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/デイヴ・アスプリー

 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

 どこの本屋でもビジネス本ランキングのTOP3に飾ってある本書。著者はシリコンバレーの成功者で億万長者。30万ドルをかけて自身の身体をつかって本当に健康に良い=自分のパフォーマンスを最大化する方法を研究した方、バイオハッカーというらしい。

 

小麦、ケール、いちご、キシリトール、ソバの実、など普段口にするものから聞いたことがないものまで、多種多様な食材について身体に良い成分と悪い成分を説明してくれます。

 

一見科学的な分析のようですが、方法は地道なTry and Error。結果の成否は「自身の身体がどう変化したか」から導き出されています。

 

たしかにプログラマーは生涯をTry and Errorに費やすような仕事なので、食材を一つ一つ試して結果を検証していくやり方は彼らが得意とする方法に見える、そういう意味でバイオハッカーという言葉もなかなか面白い気がします。

 

でも、ポイントは、「身体はプログラムと違って一瞬で結果が返されるものではない」ということ。プログラムはほんの一文字、半角スペースの違いによって100が0になる世界です。一瞬で正して、一瞬で動いて、次の一瞬にはまた全てが崩れて、それを修正する、その繰り返し。バイオハッカーにとって、自身の身体もそうなのでしょうが、果たして本当でしょうか。

 

次の日に体調が良いのは本当に先ほど食べた食材のおかげなのかな。先週食べたカレーのおかげで機嫌が良いとか、10年前に実家で食べていたお母さんの食事が効いているとか、そういうこともあるんじゃないの?

 

だから一人の経験によるTry and Errorの結果を鵜呑みにすると、1年後10年後に現れてくる本当の身体へのリスクを見落としがちになるような気がするのです。

 

ただし、本書に紹介してある完全無欠のバターコーヒーはなかなかどうして素晴らしい。朝一杯(250ml)くらい飲むと本当にお昼までお腹が空かない。お昼も軽くてすみます。

 

ただグラスフェッドバターがめっちゃくちゃ高いのが辛い。身体に与える影響がどのくらい変わるのかはわかりませんが、ココナッツオイルを入れるだけでも大分腹持ちは良いです。

 

私のレシピは、コーヒー250ml(カルディマイルド)に対してグラスフェッドバター大さじ1/2とココナッツオイル大さじ1/2。お金がないときはグラスフェッドバターをやめてココナッツオイルを大さじ1いれます、

 

 

バイオ・グラスフェッドバター(無塩)250g
 

 

 

 

朝にこれを飲むだけで一週間で2キロくらい痩せました。頭の回転が早まったかどうかは、正直あまり実感がありません。このコーヒーを飲んだ日の会社の帰り道、たまたま方向が一緒だった後輩の名前が会話中ずっと思い出せずに相当焦ったことは内緒です。