心を蝕む悪魔の書『ドリアン・グレイの肖像』/オスカー・ワイルド

呪いの書と言って良いかもしれません。人の生命力を削ぎ、邪念を亢進する言葉を呪いの言葉というのなら、この本は呪いの言葉が綴られた呪いの書です。 悪い本とか、読むべきでない、と言っているのではありません。むしろ全人類必読の書と言って良いほどです。登場人物も世界観もストーリー展開も完璧過ぎる。一度ページを…